ジョギング通勤におすすめの服装とアイテム6選

通勤時間を利用してジョギングができたら、時間の節約にもなりますし継続することもできますから、一石二鳥ですよね。

しかし通常のジョギングとは違い、ジョギング通勤には用意するものがいくつかあります。

さらに服装にも気をつけなくてはなりません。

仕事時の服装や通勤方法によって人それぞれ状況は異なりますが、用意しておくと便利なアイテムや服装をいくつかご紹介します。

ジョギング通勤におすすめのアイテム3選

ジョギング通勤の場合、仕事用の荷物とジョギング用の荷物の2種類を用意しなくてはなりません。

当然ですが、ジョギングする時には仕事用の荷物(主に衣類)を持って走る必要があるでしょう。

そこでいかに走りやすく荷物を携帯するかがジョギング通勤を継続するための秘訣となります。

リュックを活用する

走るための専用のリュックが発売されていることをご存知ですか?

通常のリュックとは異なり、最大の特徴は揺れにくいことです。

ボディバッグのように背中にフィットして、走った時の上下の揺れを抑える工夫がされています。

ジョギング通勤の場合、ワイシャツやスラックス、ビジネスシューズや雨具、お弁当など、本来ジョギングとは必要の関係のない荷物を背負って走ることとなります。

おすすめのリュックは、トレイルランニング用リュックです。

胸の部分とウエスト部分の2箇所で固定できますので、走った時の安定感が違います。

リュックを選ぶ時に、底面が広いと荷物がたくさん入ると考えがちになりますが、リュックの下の方が重くなってしまうと思いの外走りにくいので注意しましょう。

リュックの上の方に荷物が集中するような形状が理想的です。

ジョギング中は背中に大量の汗をかきます。

時にはその汗がリュックに染み込み、中の荷物を濡らしてしまうことも。

濡れては困るものや汗がついて臭くなるのが心配な時には、ビニール袋に入れてから収納すると良いでしょう。

トレイルランニング用リュックは洗濯にも強いですから、こまめに洗っていつでも清潔な状態を保つように心がけてください。

夏と冬では荷物の量が異なります。

人によって仕事中はビジネスシューズでなければならない場合もあるでしょうから、かさばるビジネスシューズも収納できるだけの容量が必要になります。

20~25ℓ程度の容量が目安となりますが、ジョギング通勤用リュックを購入する時には、可能であれば店内で荷物を入れさせてもらって、実際に背負えると良いですね。

大は小を兼ねると考えてリュックの容量が大きすぎると、リュックの中で荷物が揺れて非常に走りにくいので気をつけてください。

ジョギングシューズにも一工夫

荷物を背負って走ることになりますから、体力的にはかなりの負担となります。

そのためジョギングシューズは、ソールが厚くクッション性の良いものがおすすめです。

速く走ることよりも重い荷物を背負って走ることで、体力や脚力をつけることにウエイトを置きましょう。

走る時間帯によっては懐中電灯持参で

帰宅時間に走る場合、コースによっては足元が暗く見えづらいことがあります。

安全最優先で走ることが大切ですから、懐中電灯など用意しておくと良いでしょう。

ヘッドライトやネックライトなど両手がフリーになるジョギング用ライトがいくつも発売されています。

1つ持っていると普段のジョギングでも使えますし、何かと重宝しますよ。

ジョギング通勤におすすめの服装3選

ジョギング通勤で困るのは天候に左右されることです。

突然の雨に見舞われても、すぐに公共交通機関を利用できるなら安心ですが、汗で濡れているのに乗り物に乗るのも気が引けますよね。

また、通常は車通勤の場合、雨の中のジョギングも想定しておく必要があるのです。

スポンサーリンク

フード付きのウェア

突然の雨でもフードをかぶればカッパ代わりになります。

汗をかいている状態で体が雨に濡れると、一気に体温が低くなり体調を崩す原因になってしまいます。

仕事の疲れも相まって抵抗力が弱くなっている事もありますから、体調管理や体温変化にはいつも以上に気をつけましょう。

防風防寒性の高いウェア

出勤時間や帰宅時間はまだまだ気温が低いと予想されます。

特に帰宅時間が遅くなるほど、気温が下がりますから、防風性や防寒性の高い素材を選ぶことが大切です。

特に冬場のジョギング通勤の時は寒さ対策として、防風防寒性のアイウェアを着るようにしましょう。

シンプルなデザインのウェア

ジョギング通勤の場合、どこかで着替える必要があります。

大抵の場合は会社で着替えることになるのではないでしょうか。

一応会社ですから、華美なデザインは避けた方が無難ですよね。

ジョギングウェアは明るいカラーや派手目なデザインのものが多いですが、シンプルなデザインにすると洗練されてかっこよく見えますよ。

おすすめは帰宅ジョギング

ジョギング通勤をする時にはいろいろな選択肢があります。

出勤する時に走るのか、帰宅する時に走るのかなど。

通勤距離が長い場合、半分だけ公共機関を利用して残りは走るというのも一つの方法ですよね。

しかし、短い距離でも走ると汗をかいてしまいます。

女性の方の場合、メイクを直す必要があったり体臭が気になってしまったりするのでは?

社内でシャワーを浴びられるのであれば構いませんが、なかなかそのような会社はないでしょうし余計な時間もかかってしまいます。

しかし、帰宅ジョギングなら家に帰ってシャワーを浴びることも出来ますし、メイク崩れも気になりません。

一度帰宅してから走り出しに行くのは億劫になってしまいがちですが、帰宅ジョギングならそんな心配は無用!

これがジョギング通勤の一番のメリットでしょう!

スポンサーリンク

天気予報は必ずチェック

毎朝出勤する前に必ず天気予報は確認しましょう。

午後から天気が崩れるなどジョギングにはあまり相応しくない天候になる場合には、無理して走らないようにしてください。

ジョギングは継続することが大切ですが、無理をしても長続きはしません。

普段のジョギング以上に荷物の携帯や天候に左右されるなど色々な工夫が必要ですが、ジョギング通勤にはストレス解消やデスクワークで固まった体をほぐすなど、たくさんのメリットがあります。

工夫することもジョギング通勤の楽しみの1つだと考えて、走り出してみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする