秋のジョギングに適した服装とは?おすすめのレディースウェア3選を紹介!

秋はジョギングをするにはちょうど良い季節。

スポーツの秋とも言われていますよね。

暑くも寒くもない気温ですから「服装も迷うことがないのでは?」と、考えるのが普通でしょう。

しかし、秋のジョギングウェアは一工夫する必要があるって知っていましたか?

秋にこそ気をつけたいポイントを交えながら、秋におすすめのレディースウェアをご紹介します!

秋のジョギングに適した服装とは?

秋のジョギングに適した服装とはどのようなものなのでしょうか?

ポイントは体温調節

秋のジョギングウェア選びで難しいのは、実は体温調節なのです。

外気温はそれほど寒くないからと軽装で走りだすと、思いの外、外は寒くて体温が上がらないことがあります。

これでは体が温まらずほぐれませんから、思わぬ怪我の原因になってしまいます。

逆にジョギングをしたことで汗をかき、汗冷えから風邪をひいてしまうことも。

健康のために走っているのにこれでは元も子もありませんよね。

基本は肌の露出を避けること

夏は半袖Tシャツ+ハーフパンツの組み合わせが、ジョギングをする時の基本スタイルになるでしょう。

秋のジョギングウェアの基本は夏のスタイルを進化させて

  • 半袖→長袖
  • ハーフパンツ→ロングパンツ

と、考えて下さい。

これなら肌の露出は少ないけれど、重ね着になる部分は少なくて済みますので、走り始めたら暑くなりやすい秋の気候に対応できます。

また、首からハーフジップが付いていると、ジョギングしながらオープンにしたりクローズにしたりと簡単に体温調節ができるのでおすすめですよ。

ここからさらにパーカーなどで細かく温度調節ができるように工夫をすると、秋~冬の初めまで長いシーズンを快適にジョギングできます。

秋のジョギングにおすすめのレディースウェア3選

秋のジョギングには体温調節が重要だというお話をさせていただきました。

それを踏まえた上で、おすすめのレディースウェアを紹介します。

薄手のパーカーは万能アイテム

夏の延長上で薄着のまま走り出すと、体はなかなか暖まりません。

そんな時は体が温まるまでパーカーを羽織ると良いでしょう。

暑くなってきたら脱いで腰に巻いて走ることもできて、とっても便利!

ジョギング用のパーカーは薄い素材で作られていますから、腰に巻いてもそれほど重く感じることはありません。

むしろ、腰に巻いているスタイルがそのままファッションになります。

途中でウォーキングを取り入れたり、風が強くなってきたりすると、体はすぐに汗冷えをしてしまいます。

そんな時にはパーカーをササッと羽織りましょう!

体温調節を自分でコントロールすることもジョギングをする上では大切なのです。

逆に秋でも日中にジョギングする場合は、まだ少し日焼けが気になります。

ジョギング用のパーカーは手の甲までカバーしてくれる機能が付いているものもありますから、購入を検討する時にはそういった点も考慮して選ぶと良いですね。

ランニングタイツでジョギングをサポート

ランニングタイツは、安いものから高いものまで様々な商品が発売されています。

本格的なランニングタイツですとサポート機能が大変素晴らしい反面、お値段は1万円以上することもあります。

普段の練習で着用し何度も洗濯を繰り返しているとサポート機能が弱ってくることがありますので扱いには注意が必要です。

膝やふくらはぎに妙な違和感がないのであれば、普段の練習は安い価格のランニングタイツでも構いません。

むしろ秋のジョギングでランニングタイツを使用する目的は、サポート機能を求めるよりも、肌が直接外気に触れるのを防ぐためですからね。

秋は日が落ちると途端に気温が下がることがあります。

そんなことを予想して、あらかじめ薄手のランニングタイツを着用しているだけでも全然違います。

アイテムを上手に使って、気温の変化に柔軟に対応するようにしましょう。

スポンサーリンク

アームカバーは一1組持っていると大変便利

手首から二の腕にかけて着用するアームカバーをご存知ですか?

テレビのマラソン中継で選手が使用しているのを見たことがある方は、多いのではないでしょうか。

アームカバーは筋肉の揺れを防いで疲労を軽減する効果が期待でき、体温調節も兼ねています。

フルマラソンなど長時間走る時には、その時々によって暑くなったり寒くなったりすることも。

スタートするまで何分も待たされるなんてよくある事ですから。

そんな時にアームカバーをつけたり外したりして体温調節をするのです。

また、UVカット素材で作られている商品もありますから、夏のジョギングでは日焼け防止効果としても役立ちます。

アームカバーは本格的なランナーが使用するイメージが強く、初心者で、ましてや女性ですと余計に敬遠しがちになるアイテムです。

しかし、半袖Tシャツ+アームカバーのコーディネートなら、ロンT+半袖Tシャツの重ね着風に見えますからおしゃれアイテムとして十分使えます。

本格的なランナーに見えるのはノースリーブとの組み合わせだからなのですよ。

一組あるだけで春から秋まで使いまわせますし、外した時にはポケットにしまえる軽さも魅力的。

秋のジョギングでポケットに忍ばせておくと安心ですね。

安全にジョギングできてこそ、おしゃれ女子になれる!

おしゃれなジョギングウェアに身を包むと俄然やる気になりますよね。

しかし、自分を細く見せようとして黒系のファッションにしてしまうのは大変危険です。

明るいカラーを取り入れて

秋の夜長と言われるように、秋は1年の内で一番昼間の日照時間が少ない時期です。

この頃は夕方5時~6時頃には辺りは薄暗くなってきますよね。

ちょうど帰宅時間とも重なって交通量が多い時間にもなります。

夕日を眺めながらジョギングしたり、日没後のトワイライトも雰囲気がありますから気持ちよく走ったりできますが、ドライバーには一番認識してもらいにくい時間であるということも覚えておきましょう。

そのためには明るい色を取り入れたコーディネートにすることを心掛けてください。

できれば上半身が明るい方がよりベスト。

ドライバーや周囲の方々の目線の高さですからね。

ライトを利用するのもおすすめ

ジョギング専用のライトは色々なタイプのものが発売されています。

例えば二の腕に取り付けるLEDライトや、首から下げて足元を照らすネックライトなど、両手がフリーになりジョギングをより快適にするアイテムがあることをご存知ですか?

電池式や充電式など様々なタイプがありますし、一つ持っていると重宝しますよ。

夕方、ちょっと遠くまで走りに出かけたら、あっという間に暗くなるのも秋のジョギングの特徴です。

足元が見えずに段差につまずく危険性もありますから、ライトを持参したり街灯が多い道を選んだりするようにしましょう。

スポンサーリンク

ジョギングウェアのTPO

普段のファッションでもTPOがあるように、ジョギング時にもそれなりにふさわしいコーディネートがあるのです。

動きやすいことは当然ですが通気性や発汗性、UVカットも意識したいポイントですし、周囲に自分の存在を気付いてもらう事も大切なTPOだと覚えておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする