ジョギングには筋肉を鍛える効果がある?鍛えられる部位はどこ?

「ジョギングをしたら筋肉ってつくの?」

と、疑問を持っている方はいませんか?

ジョギングは有酸素運動なので、体脂肪を減らすことができます。

しかし、もしそれに加えて筋肉もつけば、代謝がよくなり太りづらくなるので一石二鳥ですよね。

筋肉がつきすぎて体が太くなると、見た目に悪い意味で影響するので話は別ですが、そうでない限り筋肉はダイエットにとって大きな味方です。

今回は、ジョギングをして筋肉はつくのかについて解説していきます。

ジョギングで筋肉はつくのか?

結論から言いますが、ジョギングは有酸素運動なので、筋力トレーニングに比べたら筋肉はあまりつきません。

しかし、ジョギングは筋肉に対して全く意味がないわけではないです。

ジョギングは筋肉の衰え防止に効果があります。

ジョギングをすることにより、走るのに必要な筋肉を維持することが可能になります。

また、ジョギングが習慣化していけば、身体の筋肉が発達してジョギングがどんどんしやすくなっていきます。

というわけで、運動をしないでいると筋肉が衰えて体の老化が進んでしまいますが、ジョギングは身体のアンチエイジングにも効果的です。

筋トレも合わせて行おう!

ですが筋肉の衰え防止にとどまらず、もっと筋肉を鍛えたいのであれば筋トレと並行しながらジョギングを続けていきましょう。

オススメはスクワットです。

何故ならば、ジョギングで使用する下半身の筋肉を鍛えられるからです。

しかもジョギングの前にスクワットをしておくと、準備運動にもなるので走りやすくなります。

スクワットのやり方は以下の通りです。

①腕を胸の前で組み、足を肩幅ぐらいに広げる

②背中を丸めないように注意し、太ももが床と平行になるまで腰を落とす

③ゆっくりと元の状態に戻る

これが正しいスクワットのやり方です。

筋肉もしっかりとつけたい!という方はジョギング前にスクワットをやって、筋肉を確実につけていきましょう。

ジョギングで鍛えられる部位

ジョギングをすればどこの筋肉が鍛えられていくのでしょうか?

もしかしたら、ジョギングは下半身しか鍛えられないのでは?と思っている方もいるかと思います。

確かに下半身を主に動かしますが、実は下半身だけではありません。

ジョギングをする時は姿勢を維持するために、腹筋と背筋も使用します。

というわけで、ジョギングは下半身と上半身を鍛えることができます。

具体的にジョギングで鍛えられる部位としては

・大腿四頭筋(太もも)

・ハムストリングス(太もも裏側)

・大臀筋(お尻)

・下腿三頭筋(ふくらはぎ)

・腹筋

・背筋

などがあります。

このように、ジョギングは全身の筋肉を満遍なく鍛えられ、一石二鳥です。

ジョギングを行うときの注意点2つ

しかしやり方に注意をしないと、あまり鍛えられないどころか、むしろ筋肉が衰えるということもありえます。

以下、ジョギングの際の注意点を解説していきます。

スポンサーリンク

食事を摂るのを忘れずに

「運動するなら食事制限をしないと!」と思っている方はいらっしゃいませんか?

確かに食べ過ぎはよくないですが、かと言って過度な食事制限もNGです。

ジョギングの際に体内の栄養素が足りていないと、脂肪燃焼が効率よく行われず、筋肉を分解してエネルギーを産み出すようになります。

それにより、筋肉量が減ってしまいます。

そして筋肉は代謝を高める機能もあるので、筋肉が分解されてしまうと太りやすい体になってしまうので、悪いことだらけです。

というわけで、筋肉を落とさないためにも食事は欠かさずに摂るようにしましょう。

特に糖質は有酸素運動の際のエネルギーにもなりますし、筋肉の分解も防ぐことができるので、糖質は欠かさず摂りましょう!

ただし、摂りすぎると太るので注意です。

ジョギングのやり過ぎは禁物!

ジョギングは沢山すれば効果がある、というイメージがあるかもしれません。

運動の量が少ないと効果もあまりないですが、ジョギングのやり過ぎも逆効果です。

過剰な運動は、ストレスホルモンであるコルチゾールを大量に生み出します。

コルチゾールが分泌されると筋肉が分解され、筋肉量が減少します。

コルチゾールの働きは他にもあり、脂肪燃焼の抑制、免疫力の低下などがあります。

いずれもジョギングをする上では、厄介な症状ですね。

というわけで、長時間のジョギングや速すぎるペースでのジョギングは逆効果なので、ほどほどに行いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

大事なポイントは以下の五つです。

・ジョギングは筋肉の衰え防止になる

・もっと筋肉をつけたい場合は筋トレと並行してやる

・ジョギングは全身が鍛えられる

・食事の摂取は忘れずに

・やり過ぎには注意

ジョギングで筋肉をつけたいのであれば、以上のことを意識しながらやっていきましょう。

ですが、すぐには結果はでないです。

なるべく週3ぐらいのペースでジョギングし、長期間継続していきましょう。

そうすれば、きっと筋肉もついてきますし、見た目にも変化が現れるかと思います。

方法も大事ですが、それよりも大事なのは続けることです。

というわけで、信念を強く持って頑張っていきましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする