ジョギングにダイエット効果はある?毎日5キロを走る4つの効果

何か運動を始めようと思った時に、ジョギングを選ぶ方は多いでしょう。

数ある運動の中でも一番手軽に行えますからね。

ジョギング初心者の場合、走行距離は5km程度が頑張れば走れて、体にも負担が少ない距離だと考えられています。

体力的にも脚力的にも、これ以上長い距離ですと逆に体に負担がかかってしまいます。

ジョギングを継続するためにも、無理のない範囲で行うことが必要でしょう。

では、毎日5kmのジョギングを継続したら、いったいどれほどの効果があると思いますか?

また、ダイエット効果があるのか気になりませんか?

毎日5kmのジョギングを行うなら約1時間を確保

毎日5kmを走った場合、6分/㎞のペースなら30分程度、7分/㎞のペースなら35分程度必要です。

それに加えて準備運動や整理運動も合わせると、1時間程あれば十分に行えるでしょう。

1日の内で1時間という時間を確保するのは、それほど難しいことではありません。

日頃の生活パターンの中でゆったりしている時間をちょっと減らして、ジョギングに当てることができます。

むしろ時間を上手に使えるようになるので、生活にメリハリがつくようになりますよ。

毎日5キロのジョギングによる4つの効果

ジョギングを行うことで体の中では様々な変化が起こります。

毎日5キロのジョギングを行うことで得られる効果を紹介します。

血行が良くなる

血流が良くなりますから、老廃物が流れやすくなったり新陳代謝が活発になったりします。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病が気になっている方は、予防や改善の効果が期待できますから、足腰に不安がないのであれば走ることを習慣にすると良いでしょう。

肌にも良い影響を与える

血流が良くなったり汗をかいたりすることで、ターンオーバーが規則正しくなっていきます。

すると肌荒れや吹き出物といった肌トラブルが減少していきますし、血色が良くなって明るい肌へと変化していきます。

メイクをする度に自分の美肌がきれいになっていく変化に気づきますから、それが喜びとなって走る意欲が持続していく相乗効果も!

ただし、走る時には日焼け止めクリームを使用して日焼け対策を行ってください。

また、ジョギング後は汗を流して肌の状態を綺麗に保つようにしましょう。

姿勢が良くなる

ジョギングの基本姿勢として背筋を伸ばして走ることを意識しますから、姿勢が良くなりシャキッとした体型へと変わっていきます。

家の中できつい腹筋運動や背筋運動を行わなくとも、筋肉が鍛えられるって凄いと思いませんか?

お腹周りの筋肉が引き締まってきますとポッコリお腹が目立たなくなってきますし、腰痛予防にも効果的です。

お腹周りの筋肉は天然のコルセットですからね。

足のむくみ改善

走ることでふくらはぎが鍛えられていきます。

足は第二の心臓と呼ばれるように、体内の巡りを良くするには重要な箇所であることはご存知でしょうか。

細胞と細胞の間にある細胞間液がスムーズに流れていきますから、足のむくみが改善される効果も期待できますよ。

特に立ち仕事やヒールを履く機会が多い方は、ジョギングを習慣化して日頃からむくみ改善のケアを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

ジョギングによるダイエット効果はあるのか

毎日ジョギングを行う上で、大抵の女性なら一番気になることは「ジョギングにはダイエット効果があるのか」ということではないでしょうか。

まず結論から言いますと、ダイエット効果はあります!

そもそも走るために必要なエネルギーは、体の中に蓄えている脂質や糖質が使われます。

しかしこれらを運動エネルギーとして燃焼させるには、酸素が必要です。

そしてジョギングは、代表的な有酸素運動の一つ。

ジョギングを行うことで体内にたくさんの酸素を取り込むことができます。

「距離×体重=消費カロリー」を簡単な目安とすることができます。

例えば、体重50kgの方が5km走ると

5km×50kg=250kcal

という計算になります。

250kcalの食べ物の目安として

  • ご飯普通盛り一膳
  • ローソンの黄金チキン一本
  • グリコのマイルドカフェオーレ500ml
  • ピザ 1ピース
  • かにぱん
  • 吉野家牛皿並盛
  • ホットドッグ一本
  • クリームポタージュ
  • あんみつ

これらの商品はすべて250kcalですから、毎日ジョギングを行うことで「食べた事実がなかったことに」できてしまうのですよ。

さらに間食を控えることで、「消費カロリー>摂取カロリー」になりますから、徐々に体はスリムになっていくでしょう。

毎日ジョギングを行うことでダイエット効果があるのはおわかりいただけたかと思いますが、1日250kcal程度の消費では少ないと感じる方もいるかもしれません。

しかしジョギングを行うことで消費カロリー以上に、体には大きなダイエット効果が表れているのです。

スポンサーリンク

継続することで痩せやすい体質に変化する

ジョギングは全身運動です。

腕を振る推進力で脚が前にでますから、ジョギング時の腕振りはとても大切!

もちろん走るために腕を振るのですが、これがダイエットに大きく影響しています。

腕を振ることで肩甲骨が刺激されます。

さらに細かい事を言えばジョギングで腕を振る時に肩甲骨を後ろ引くようなイメージで動かせば楽に走れますし、疲れてきた時にも腕の振りで脚を前に出せるようになっていきます。

腕を振ることで左右の肩甲骨の間にある「褐色脂肪細胞」という細胞が刺激され活発化していきます。

すると脂肪の燃焼を助けたり代謝が良くなったりする効果を発揮します。

褐色脂肪細胞はダイエットを志す方々の強い味方なのですよ!

ジョギングを行う時の腕の一振り一振りが「今、褐色脂肪細胞を刺激している♪」と思うようにすると、腕をしっかり振ろうと意識が向くでしょう。

注意点として腕を振る時には肩の力を抜いて、肘は自然に曲げるようにしてください。

慣れないうちは「腕を振る」「肩甲骨を動かす」を意識し過ぎて、上半身に不要な力が入りやすくなってしまいます。

ジョギングを毎日行っていれば、そのうち「あっ、こういうことね」と分かるようになるもですから、ジョギングを始めたばかりの頃は知識として知っている程度で構いません。

まずは毎日5㎞のジョギングを継続するように心掛けましょう。

その際、ストレッチは欠かさず行ってください。

走ることに慣れた頃から徐々に健康的な身体になっていきますし、脚にも走るための筋肉がついていきます。

して何よりも、多くの女性が望むダイエット効果が表れていることに気付くはずですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする