ジョギングはストレスの解消や発散に効果的?おすすめの時間はいつ?

みなさんは何を目的に日々運動をしていますか?

健康の保持促進、体型維持、ダイエットなど、動機や目的は人ぞれぞれだと思います。

そんなジョギングですが、身体面だけではなく精神面にもいい影響をもたらす効果があるという話を聞いたことはないでしょうか?

つまり、ストレスを解消、発散させる効果があるということです。

はたしてジョギングにより、ストレスを解消、発散させる効果はあるというのは本当なのでしょうか。

もし、ジョギングにおけるこの効果が確認できれば日々のストレス発散の方法としてジョギングができ、なおかつ健康にもつながります。

今回はジョギングはストレスの解消や発散に効果的であるか、くわえておすすめの時間はいつであるかについて説明していきたいと思います。

ストレスが引き起こすこと

ストレスを感じたことがない人は恐らくいないでしょう。

そもそもなぜストレスを発散しないといけないのか、貯め込みすぎると何が起きてしまうのか。

ずばりストレスは体の調子を整える役割の自律神経のバランスを乱し、ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

ストレスの貯め込みにより、ちょっとした体調不良から精神的な病気や内科的な病気、そして依存症などを引き起こしてしまいます。

この場では具体的な説明は控えますが、ストレスは人体にとって多大なる悪影響を及ぼすということだけ覚えておいてください。

そのために定期的に発散することは健康のために必要不可欠なのです。

ジョギングによるストレス発散効果

では本題に入りますが、ジョギングによってストレスを発散することはできるのでしょうか?

結論から申しますと効果は絶大です。

ジョギングに限らず運動全般で言えることですが、身体を動かすことは気持ちの面でも体にとても良い影響を与えてくれます。

では具体的にどのような理由で、ジョギングによりストレスが発散されていくのか説明していきたいと思います。

セトロニンとエンドルフィンの増加

このふたつの物質は耳にしたことがありますでしょうか。

セトロニンとは脳の神経伝達物質で脳内ホルモンということになります。

働きとしては心のバランスを整え、安定させることがメインとなります。

別名幸せホルモンと呼ばれることもあるくらい心のケアにおいて重要な役割を担っています。

余談ですがこのホルモンはうつ病を予防する働きもあるようですよ。

続いてエンドルフィンです。

エンドルフィンは体の免疫力を高めたり、気分を良くしたりするホルモンです。

ランニングハイとはご存知でしょうか。

よくジョギングやウォーキング中、気分がよくなり心の中は明るくなり、まったく疲れを感じなくなることです。

それにはエンドルフィンが大きく関係しています。

脳内麻薬ともよばれており、人の気分を良くする快感ホルモンの中でも群を抜いてこのエンドルフィンが大きな効果をもっています。

その効果は実際の麻薬の数倍であるとも言われています。

このエンドルフィンをコントロールするのはほぼ不可能です。

しかし、ジョギングのような一定のリズムの有酸素運動は、エンドルフィンの分泌を増加させる上で最適であると言われています。

先に述べたセトロニンとこのエンドルフィンの増加こそが、ジョギングがストレス発散に良いことを裏付ける大きな理由となります。

気分的なもの含め、生理学的にもジョギングはストレス発散にもってこいというわけですね。

スポンサーリンク

睡眠の手助け

健康な体を手に入れるうえで非常に重要なのが睡眠です。

適切な睡眠がとれていなければいくら運動や食事を頑張ったところでむしろマイナスです。

不適切な睡眠習慣は身体的、そして精神的にも多大なストレスを引き起こします。

しかし、ジョギングのような運動を毎日の習慣に取り入れることでしっかりとエネルギーを消費することができ、寝つきが良くなり良い睡眠の手助けをしてくれます。

ジョギングはストレス発散だけでなく、ストレスを抱えないよう予防する効果もあると言えますね。

おすすめの時間

時間帯は大きく分けると朝か夜ということになりますね。

朝の時間帯は血糖値が低く、脂肪燃焼効果が日中よりも期待できる一方、低血糖やケガのリスクがでてきます。

しかし朝運動して脳を活性化させることにより1日の仕事がはかどるという効果も得られます。

一方、夜の時間帯は体が日中活動していることからケガのリスクは下がります。

正直な所、朝も夜もどちらにもメリットとデメリットがあり、一概にどちらとは言いにくいです。

しかしながら個人的な意見として、ストレス解消、発散におもきを置くのならば朝よりも夜の方がおすすめです。

1日の仕事で溜まったストレスをジョギングにより発散させ、よい睡眠へと繋げる流れが期待できます。

朝に比べると時間に余裕があるというのも理由の一つです。

ジョギングにより思考が前向きになっていくのを利用して仕事ででたネガティブな気持ちを整理していきましょう。

ここで注意してほしいのはあまり遅い時間帯になると逆に目がさえて睡眠の妨げとなってしまう場合があります。

睡眠の2、3時間前までにするようにするのが好ましいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はジョギングはストレスの解消や発散に効果的であるか、くわえておすすめの時間はいつであるかについて説明させてもらいました。

結果、セトロニンやエンドルフィンの増加の関係、睡眠のサポート効果からジョギングにはストレス解消、発散効果が大いにあるということが確認できました。

またおすすめの時間帯に関しては一概には言えませんが、ストレスの解消、発散効果におもきをおくと夜の時間帯の方がおすすめです。

あまり遅い時間にならないことだけ注意しましょう。

このようにジョギングには日々の生活を豊かにする効果があります。

これからもジョギングが生活の一部になっていく人たちが増えていくことを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする