夕食後のジョギングによる5つの効果を紹介!痩せるためのポイントとは?

夕食後にしかジョギングをする時間がとれないという方も多いですよね。

朝は忙しいし、昼は仕事をしてるし、夜しか時間がない!

でも、夕食後に走ってもちゃんと痩せられるのでしょうか。

そこで夕食後にしか走れない人のために、夕食後に走るメリットや効果、痩せるためにはどうしたらいいのか?などを調べてみました!

夕食後のジョギングによる5つの効果

夕食後にジョギングすることによる良い効果はたくさんあったんです。

確実に痩せるためには、継続して走り続けないといけないですよね。

夕食後にはジョギングを継続しやすい条件がそろっているんです。

夕食後のジョギングの効果についてみていきましょう。

パワーが出るため長い時間走れる

食事をしたあとであれば、フル充電でパワー全開で走れます。

脂肪の燃焼が始まるのは、運動をし始めてから20分後といわれています。

ダイエットのために走っているのであれば、少なくとも20分以上は走らないといけませんよね。

20分以上走ろうと思っていたのにお腹がすきすぎてスタミナ切れしてしまっては、ダイエットのために走っている意味がなくなってしまいます。

空腹を気にせず集中して走れる

食事をする直前はお腹がすきすぎていて、食事のことばかり考えてしまいますよね。

それでは走ることに集中することができません。

空腹時に無理して走るとふらついたり、めまいや貧血が起きてしまうこともあります。

走るためのパワーが足りてないからなんですね。

食後であれば空腹を気にしすぎるということもなく、走ることに集中できます。

時間を有効活用できるため継続しやすい

夕食後の夜の時間は、1日のうちでも比較的時間の融通が利くという方が多いのではないでしょうか。

朝に走ろうと決めている場合、昨日の夜に飲みすぎてしまって起きられなかった…なんてことが続くと走ろうと思う気持ちも萎えてしまい、痩せる前に挫折してしまう恐れも。

昼間に走ろうと思っても、仕事があるから無理という方も多いでしょう。

それに比べると夜の時間はよほど仕事が忙しい人以外は、調整がしやすい時間帯ですよね。

ジョギングで痩せるためには継続していくことが大事なわけですから、夕食後に走ると自分で決めてしまえば案外長続きするものです。

暗くなっているので人目を気にしないで走れる

息も切れ切れに必死になって走っている姿を人に見られるのは恥ずかしい、と思う方もいますよね。

汗だくな上に、顔なんかも脂でテカテカですし。

特に女性で初心者のうちはそう思ってしまう気持ちもわかります。

夜に暗くなってから走れば、人目を気にしないで思いっきり走れますよ。

少し離れていれば暗くて顔なんてよくわからないので、汗まみれでファンデーションが多少テカっていても大丈夫です。

ただし夜遅すぎる時間帯や、人が全くいない山道や公園などは防犯上の観点からはおススメしません。

知り合いと待ち合わせて走るという方法もあります。

ひとりで走るよりは恥ずかしさはやわらぎますよ。

よく眠れるようになる

夕食後に身体を動かすことで適度に疲労し、よく眠れるようになります。

気持ちよく汗をかいたあと、家に帰ってお風呂に入ったりシャワーを浴びたりすれば、夜は心地よくグッスリと眠れることでしょう。

走ることで「幸せホルモン」であるセロトニンが放出されるので、仕事のストレスも吹き飛んで、楽しい気分で眠れますよ。

睡眠不足になると、満腹を感じるホルモンのレプチンが減って、空腹を感じるホルモンのグレリンが増えてしまうと言われています。

睡眠不足はダイエットの敵です!

夜に適度な運動をして、夜はグッスリと眠りましょう。

夕食後のジョギングで痩せるためのポイント4つ

上記の夕食後のジョギングの効果でも触れていますが、夕食後のジョギングで効果的に痩せるためにおさえておきたいポイントをまとめておきます。

夕食は腹八分目ですませる

痩せるためにジョギングをするのであれば、お腹がいっぱいになるまで食べていてはダメですよね。

ジョギングのために腹八分目で食事を済ませると思えば、食事量もいつもより減すことができます。

走るのは食べたものが消化してから

食後30分以内に走ってしまうと血の流れが胃の中の食べ物の消化にいってしまうため、脂肪燃焼の効率が悪くなってしまいます。

夕食後30分~2時間くらい経ってから走るようにしましょう。

走ったあと夜更かしをせず、たっぷり睡眠時間をとる

睡眠不足は太る原因のひとつになりますので、ジョギングをして疲れたからといって夜食をとったりせず、身体を休めて睡眠時間をたっぷりとりましょう。

ジョギングをして体温が上がっていると、心地よく寝られるはずです。

スポンサーリンク

夕食後に走る時間を決めて継続して走り続ける

ジョギングで痩せるためには継続して走り続けることが大事です。

夜に自分の時間がとりやすい人は、夕食後に走る時間を決めておくといいですね。

朝と違って寝坊の心配をすることもないので、継続しやすいと思いますよ。

痩せるためにジョギングをしているという方が多いと思いますので、改めてまとめてみました。

これらのポイントさえ気を付けていれば、効率的に痩せられますよ!

夕食後に走るときの注意点3つ

夕食後にジョギングをする効果はたくさんありますが、注意点もいくつかあります。

注意点を守って楽しくジョギングをしましょう。

食後すぐには走らない

食後すぐに走ってはいけません。

最低でも30分、できれば2時間ほどあけましょう。

食べてからすぐに走るとお腹が痛くなったり、食べ物の消化が悪くなったりしてしまうからです。

お腹が痛くなってしまっては、ジョギングで痩せるどころではなくなります。

満腹になるまで食べない

30分あけたから大丈夫!と思ってもちょっと待ってください。

お腹がパンパンになるくらい食べてはいませんよね?

食べた量が多すぎると、消化するまでの時間はもっとかかってしまいます。

特に、痩せるために走っているのならば、腹八分目を心がけましょう。

防犯対策はしっかりする

夜に走るときは、事故に合わないように気を付けましょう。

車や自転車から見えやすいように、明るい色のウエアを着て反射グッズを身につけましょう。

女性はいざというときのために、防犯ブザーなどの防犯グッズを身につけておくと安心です。

スポンサーリンク

夕食後ジョギングは継続しやすい

夕食後にジョギングをするメリットや効果について調べてみましたが、いかがでしたか?

ジョギングで痩せるためには継続して走り続けることが大事なので、夕食後のジョギングは時間の有効活用の観点からもピッタリですよね。

夕食後に走って気持ちがいい汗をかいてグッスリ眠って、無理せず自然に痩せてスリムな身体を手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする