ジョギングダイエットに効果的な時間の目安!走る時間帯で効果も変わる?

ジョギングを始めると気になるのが「時間」の問題です。

特にダイエット目的の場合は尚更でしょう。

一体何㎞走ればダイエット効果があるのか、そもそも走る時間帯が違うと、ダイエット効果に影響があるのか・・・

その疑問、解決してスッキリさせましょう!

ジョギングダイエットの目安は30分程度!

ジョギングダイエットを始めると、初めのうちはそれほど体の変化が感じられないので、走る時間が短いのかな?と心配になってしまいますよね。

しかし、体の中では密かにダイエット効果が表れているのです。

そもそも脂肪が燃焼され始めるには、運動開始後20分経過してからと言われていますが、それは果たして本当なのでしょうか?

運動エネルギーは、体に蓄えられている糖質から先に使われます。

その後に脂肪が使われるので、確かに脂肪の燃焼は、運動開始後しばらく経ってからになります。

具体的に何分後から脂肪が使われるのかは人によって違いはありますし、運動強度や基礎体力によっても変わります。

ただ、大体20分後からというデータもありますから、脂肪が消費されるのはジョギング開始後20分ほど走ってからだと意識したら、最低でも20分は走ろうとヤル気になるかもしれませんよ。

では、20分走らなかったらダイエット効果はないのかと言うと、それは違います。

糖質と脂肪の消費カロリーは同じですから、先に糖質が使われてもカロリーはきちんと消費されているのです。

ジョギングでダイエット効果を得たい場合、30分程度を目安に走りましょう。

糖質も脂肪も使われて、さらに毎日ジョギングを行ったとしても体に疲労が残りにくい時間です。

また、30分ならジョギング初心者でも走り切れる時間ですからね。

ジョギングダイエットは即効性はないけれども、その代わりリバウンドしにくいですから、確実に痩せたい方にはピッタリ!

朝、昼、夜、それぞれのダイエット効果の違いは?

ジョギングを行う時には、それぞれ走りやすい時間帯があるでしょう。

早起きが得意な方は朝活でジョギングを行うでしょうし、静かな夜にゆっくりと走る癒しの感覚が好きな方もいますよね。

また、日中の明るい時間に思いっきり走って、ストレスを解消したいという方もいるなど、人それぞれです。

走る時間帯は違ってもジョギングそのものは変わりませんが、走る時間帯が違うとダイエット効果に違いが生まれてきます。

果たしてダイエットのためのジョギングは、どの時間帯がベストなのでしょう?

せっかく走るのでしたら、少しでもダイエット効果が高い時間帯に走りたいですよね。

それぞれの走る時間帯のメリットやデメリット、そしてダイエット効果の違いを説明します。

朝にジョギングをする

朝にジョギングをするダイエット効果は、空腹の状態で走り出しますから、糖質よりも脂質を優先して運動エネルギーへと使われるのです。

また、ジョギングによって体温が上がると同時に代謝が良くなるため、1日のエネルギー消費量が増加しやすくなります。

つまりカロリー消費が多くなるということ。

いつも通りの生活や仕事をしていても、密かにダイエット効果があるなんて嬉しいですよね。

その反面、朝は体温が低く、体が十分に目覚めていない状態ですから、筋肉が硬くなっていて、いきなり走り出しますと関節や筋を痛めてしまいます。

走る前には十分なストレッチを行うようにしましょう。

また、ジョギングを行うときには食後2〜3時間ほど時間を開ける必要があるため、日中や夜に走る場合、昼食や夕食の時間を逆算して計算する必要があります。

これが意外と難しい!

様々な用事が絡んで、なかなか計画通りに動けませんから、ジョギングをする時間をうまく作り出せません。

しかし、朝は他の用事に干渉されることが少ないですし、早寝早起きを心掛ければ自分の時間を作り出しやすいメリットも。

ジョギングを定期的に行いたい方にはオススメです。

それに朝のうちにその日のジョギングを終わらせてしまいますから、その後の日中の時間はたっぷりと使えますよね。

スポンサーリンク

昼にジョギングをする

昼のジョギングは体が1番活動的になっているので、体温が高く筋肉もほぐれている状態になっています。

そのため、走り始めから脂肪燃焼効果が高くなります。

また、昼のジョギングは太陽からのエネルギーを吸収し、体の活性化と浄化作用も期待できるのです。

仕事中の昼休みなどの短い時間にジョギングをする場合、いつもよりちょっと心肺に負荷をかけるような練習を行うと、基礎体力がアップしますし、体の隅々にまで酸素が行き渡る体に変化していくので、痩せやすい体になっていきます。

痩せ体質は女性の憧れ!

ただし、自分を追い込むような練習はジョギングのフォームが安定していて、ある程度走るため脚力がついてから行うようにしましょう。

日中に走る場合は、デメリットを理解しておかなくてはなりません。

昼間は時間が作り出しにくいので継続することが難しく、その結果、習慣化しにくくなってしまいます。

ジョギングによるダイエット効果はとにかく継続することが大切ですから、途中で挫折をしてしまっては意味がありません。

それから熱中症の危険性や日焼けのリスクも高まります。

女性にとって日焼けは大敵!

肌は乾燥してしまいますし角質もボロボロになってしまい、良い事は何もありませんよね。

シミやシワの原因にもなってしまいます。

それから、暑い中を走るとこが多いので、朝や夜よりも汗の量が多くなるでしょう。

一見するとすごいダイエット効果があるように感じてしまいますが、汗は体内の水分であって脂肪ではありません。

大量の汗をかいても、水を飲めばすぐに体内水分量は調整されます。

逆に汗をかきすぎて脱水症状になる方が心配です。

ダイエットのためにジョギングをしているのであれば、体から絞り出したいのは水分ではなくて脂肪ですよね?

日中にジョギングをする場合は、しっかりと水分補給をするようにしましょう。

熱中症対策や日焼け対策も忘れずに!

夜にジョギングをする

夜にジョギングをする効果は、日中にたまった疲れを老廃物として排出したり、デスクワークで凝り固まった首や肩をほぐしたり、立ち仕事でむくんでしまった足を解消したりと、良いメリットがたくさんあります。

さらに適度な疲れから質の良い睡眠が得られます。

質の良い睡眠は代謝を良くしてくれますから、とても大切。

寝ている間にダイエット効果が期待できるなんて、夢のようなお話!

それから夜は、ジョギングための時間を1番長く作り出せる時間帯でしょう。

準備運動から始めてジョギングをし、終わった後には整理運動もありますから、最低でもトータルで1時間位は必要になってくる方がほとんどだと思います。

また、朝や昼のように時間に追われることがないので、気持ちに余裕を持って走れるでしょう。

ジョギングが終わった後のシャワーを浴びる時間も入浴と兼ねることができるメリットも。

ただし、明るい服装にしてライトを持参するなど、周囲への自己アピールを行ってくださいね。

女性はなるべく人混みの少ない場所は避けて走りましょう。

スポンサーリンク

結局どの時間帯がダイエットにベストなの?

それぞれの時間帯には、ジョギングによるダイエット効果が少しずつ異なります。

どの時間帯に走っても多少のメリットやデメリットはありますし、人によって走れる時間帯は異なります。

ただし、強いて言えば朝か夜がオススメでしょう。

さらに言えば脂肪を運動エネルギーとして使う朝がベスト。

しかし、ジョギングそのものに十分なダイエット効果がありますから、ご自身が継続的に続けられる時間帯にジョギングを行うことが、確実なダイエット効果へと繋がっていきます。

走る時間帯のメリットやデメリットを理解して、無理のない範囲でジョギングを楽しんで下さい。

走り続けていれば、必ずダイエット効果は表れてきますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする