10kmのジョギングによるダイエット効果とは?毎日走るとどうなる?

ジョギングダイエットに慣れてくると少しずつ走行距離が長くなっていきますよね。

初めのうちは2km~3km程度でも息切れをしていたことでしょう。

それがいつの間にか5km、7km、8kmそして10kmまで走れるようになりました。

素晴らしいことです!

10kmといえばちょうどキリの良い数字ということもあり、目標にする方も多いのではないでしょうか。

そこで、普段の練習で10km程度を走れるようになると、一体どれほどのダイエット効果があるのかを詳しくご紹介します。

女性なら1食分満たない程度のカロリーを消費

ジョギングで10㎞走ると、およそ500kcalを消費する計算になります。

例えば、体重50kgの方なら

体重(㎏)×距離(㎞)=消費エネルギー(kcal)

⇒50×10=500(kcal)

ちなみに、1日に必要なエネルギー量は成人男性でおよそ2,650kcal、成人女性でおよそ2,000kcalと言われています。

これを1食に置き換えると男性なら850~900kcal、女性なら650~700kcal。

つまり、ジョギングで1回に10km程度を走ると、男性や女性の体重、更にはジョギングするペースによっても差はありますが、およそ一食分に満たない程度のカロリーを消費する計算になります。

これなら無理な食事制限を行う必要がないと理解できますよね。

筋肉がついて引き締まったボディに

ジョギングは全身運動ですから、体重の変化よりも見た目の変化が大きいスポーツです。

つまり定期的に10kmをジョギングすることで、足はもちろんお腹周りや背中の脂肪も落ちてきて、見た目がシュッと引き締まった体に変化していきます。

腹筋や背筋が鍛えられると猫背改善に効果がありますし、体幹が鍛えられると姿勢が良くなり体のバランスが整えられていきます。

ダイエットを始めるとどうしても体重や体脂肪率の変化ばかりを気にしがちになりますが、いつのまにか普段着ている洋服が緩く感じたり、他人からも「痩せたね」と言われたりするようになる事の方が嬉しくないですか?

本当に望んでいることは見た目の変化ですよね?

それならば、無理して毎日走ろうとせずに、10kmのジョギングを定期的に行いつつ暴飲暴食を控えたり食事内容に気をつけたりするようにしていきましょう。

ジョギングを始めた頃は体重も見た目もそれほど変化がありません。

しかし一定期間継続していれば、徐々に体重が落ち始めていきます。

それと同時に筋力がついてきますので、基礎代謝が上がっていき太りにくい体質になるのです。

ここまで来ればもうジョギングダイエットを成功と言ってよいでしょう!

きっと継続する力がついてきているので、ジョギングが習慣になっているはずです。

肩こりやむくみの改善

長年肩こりや頭痛に悩まされていた方が、ジョギングをすることによって症状が和らぐということも珍しくありません。

これは血流が良くなったため血の巡りが活発化したことが理由の一つと考えられます。

仕事でデスクワークが多かったり細かい作業が多かったりする方ほど効果が現れやすいですから、体が調子悪くなる前に日頃から生活の中にジョギングを取り入れてみてはいかがですか?

また冷え性やむくみに悩まされていた女性も、ジョギングをすることによって症状が改善されることが期待できます。

もっと嬉しいことに、新陳代謝が良くなり老廃物が流れやすくなるので美肌効果もあるのですよ。

スポンサーリンク

ダイエットしなくちゃ!と考えなくなる

太り気味な体質で悩んでいる方は、一年中ダイエットをしなくてはという思いに駆られていることでしょう。

しかしジョギングをすることによって体が引き締まってきますと、そんな考えが思い浮かばなくなってきます。

そのうち走ることが楽しくなって、大会に参加してみたいと思うようになったり新しいウェアが欲しいと悩んだり、良い方向性での悩みが増えてきます。

考え方が変わるのも、ジョギングのおかげではないでしょうか。

もしも毎日10km走り続けたら

1ヶ月を30日として毎日10㎞、1ヶ月で300㎞走ることに!

これは東京から出発して名古屋の手前、仙台の手前、新潟の手前まで行ける距離に匹敵します。

300㎞走ったら、体重50kgの人で約15,000kcalの消費、体重60kgの人で約18,000kcalの消費です。

そして、脂肪1gは9kcalに相当するので、

50kgの人で1,666g=約1.67kg

60kgの人で2000g=2kg

1ヶ月でそれだけの体重が減る計算になるのです。

東京から名古屋まで走って体重が2kg減少するのを多いと感じるか少ないと感じるかは、あなた次第。

しかし、毎日10km走ることへの体の負担を考えていますか?

慣れないうちは膝やふくらはぎを痛める結果になってしまいますし、雨の日でも風の日でも走り続けるというのは精神的にもかなり苦痛でしょう。

毎日無理して10km走ることよりも、太りにくい体作りを目標としてジョギングが継続できなければ意味がありません。

理想的なのは週3日~4日程度ジョギングをして、きちんと足を休ませる日を作ることを覚えておいてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ジョギングで10km走れるようになってくると様々な結果をもたらします。

何と言っても一番注目すべきポイントは、毎日三食きちんと食べても定期的にジョギングで10kmを走っていれば、確実なダイエット効果が期待できるということですよね。

しかし10kmという距離にこだわることなく、まずはジョギングを楽しむこと、そしていかに継続できるかを考えるようにして下さい。

焦らず無理のないペースで走るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする