軽いジョギング1時間の消費カロリーはどのくらい?痩せる走り方4つのポイント!

ダイエットのために、日々の生活の中にジョギングを取り入れている方もいらっしゃると思います。

ジョギングで痩せるためには、ゆっくりでもいいので走る時間を長くすることです。

1時間くらいかけてゆっくりと走り続けることで、たくさんのカロリーが消費されます。

1時間ジョギングしたときの消費カロリーや、ジョギングするときに痩せる走り方のポイントを知っておくと、もっと効率よく痩せられるようになりますよ!

軽いジョギング1時間で消費カロリーはどのくらいになる?

痩せるためには、消費カロリーより摂取カロリー(食べ物の分)を少なくしないといけませんよね。

ジョギング時にどのくらいのカロリーを消費するのかを把握するのは大事なことです。

1時間ジョギングを頑張ったときの消費カロリーを知っておいてくださいね。

消費カロリーの計算方法

ジョギングの消費カロリーを算出するためにはいくつかの方法がありますが、今回はMETsという数値を使って出してみましょう。

METsを使った消費カロリーの計算方法はこちらです。

時間(h) × 体重(kg) × METs × 1.05 = 消費カロリー(kcal)

METs(メッツ)の正式名称は「Metabolic Equivalents」といい、身体活動量や運動量の基準値のことです。

活動・運動をしたときに安静時の何倍のエネルギーを使うかを表します。

METsの数字が大きいほど活動量が大きいということになるんですね。

安静時が1METsで、軽めのジョギングは7METs。

軽いジョギングは安静時の7倍のエネルギーを使っているということです。

ジョギング1時間の消費カロリーは?

軽めのジョギングを1時間したときの消費カロリーがいくつなのかを計算してみましょう。

例えば体重50kgの人が軽いジョギング(7METs)を1時間した場合の消費カロリーはこちらです。

1(h) × 50(kg) × 7(METs) × 1.05 = 367.5(kcal)

1時間で367.5kcal消費したことになります。

体重によって消費カロリーは違いますので、上の式に自分の体重を当てはめて計算してみてくださいね。

自分が1時間走った時の消費カロリーを把握しておくと、いつもの食事のカロリーも嫌でも気にするようになります。

「あの1時間が無駄になるのか…」と思えば、間食防止にもなりますよね。

ジョギングで痩せるための4つのポイント

ジョギングダイエットの効果をアップさせるために、痩せる走り方のポイントをいくつかご紹介します。

毎日1時間走っているけど痩せない…という方は、走り方を工夫してみてくださいね。

ゆっくりと長い時間かけて走る

ゆっくりと長時間かけて走ることを心がけましょう。

おしゃべりができるくらいのゆっくりしたスピードで走ると有酸素運動になり、持久力が上がる遅筋が鍛えられます。

遅筋は脂肪を燃焼させることで動くので、遅筋を鍛えることで痩せやすい身体を作れるというわけなんですね。

息が上がって話もできないくらいのスピードで走ると無酸素運動になり速筋が鍛えられてしまうので、「ゆっくりと長い時間かけて走る」ことに気を付けてジョギングをしましょう。

スポンサーリンク

朝に食事前に走る

前日の食事から時間が経っているため、身体の中には糖質がほとんど残っていない状態です。

そのため脂肪燃焼がすぐに始まり、他の時間帯に走るより痩せやすいのです。

しかし全くの空腹では低血糖症や脱水症状になるリスクがあります。

コップ1杯の水やミネラルウォーター、スポーツドリンクを飲んでから走るといいでしょう。

ただしスポーツドリンクは飲みすぎると消費カロリー以上にエネルギーを取ってしまう恐れがあるので、飲みすぎには注意が必要です。

ジョギング前に筋トレをする

時間があるときは、ジョギングの前に筋トレをしましょう。

筋トレをすると脂肪が血液の中に溶けだします。

その状態で有酸素運動のジョギングをすると、溶けだした脂肪がすぐにエネルギーになるので、効率のいいダイエットになるのだそうです。

筋トレといっても難しく考える必要はありません。

スクワットを20~30回する。

腕立て伏せを10~20回する。

腹筋を10~20回する。

このようなトレーニングでも効果はあるので、走る前に時間があるときは筋トレも行ってみてくださいね。

正しいフォームで走る

正しいランニングフォームを身に付けないで自己流で走っていると、身体の一部分にだけ筋肉がついてしまうことがあります。

痩せるために走っているのに、ふくらはぎや腿だけが太くなるなんて嫌ですよね?

背筋を伸ばしてあごを引き、5~10mほど前方を見ながら走ることを意識するだけで、フォームの改善につながります。

スポンサーリンク

まとめ

効率よくジョギングで痩せるためには、消費カロリーを把握したうえで、痩せる走り方を知ることが大事なんですね。

・自分が1時間ジョギングした時のカロリーを把握する

・痩せるためにはゆっくりと長時間走る

・朝食前に走る・ジョギング前に筋トレをする

・正しいフォームで走る

これらのことに気を付けてジョギングをすれば、知らないで走っていた時よりダイエット効果が確実にアップするはずですよ。

上手に取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする