5kmの距離を30分でジョギングした時の消費カロリーは?計算方法を紹介!

健康のために生活に運動を取り入れている方は、増えてきていると思います。

そんな中、手軽に始められる運動のひとつにジョギングがあります。

もちろん、すでにジョギングを取り入れている方も多いかもしれません。

実際ジョギングを行っている方も行っていない方も、案外ジョギングを行うことにより、どれくらいの消費カロリーがあるか知らない方も多いでしょう。

ジョギングにより、どのような効果があるかを知ることで、より意識を高くジョギングを行えると思います。

今回はおおよその目安として、5kmの距離を30分でジョギングした時の消費カロリーをご紹介していきたいと思います。

消費カロリーの計算

日々のジョギングの中で、距離や時間を計る方もいらっしゃると思います。

ただなんとなくジョギングを行うのではなく、目標を持って行うことで達成感を得ることができますので、より楽しくジョギングを行えると思います。

目的によっては、消費カロリーを気にしている方も多いと思いますので、消費カロリーの計算方法を簡単にまとめてみます。

体重と距離による計算方法

まず、消費カロリーを出すための式をご存知ですか?

ジョギングでは、自分の体重と走った距離により、消費カロリーを算出することができます。

つまり、消費カロリー = 体重kg × 距離km ということになります。

たとえば、体重50kgの方が、5kmのジョギングを行ったら・・・

50kg × 5km = 250kcal となります。

250kcalと言えば、だいたいごはん1膳分ぐらいの消費カロリーになります。

ちなみに、かにぱんも250kcalだそうです。

この消費カロリーの計算には、基本的には時間は関係ありません。

あくまで、体重とジョギングした距離からの算出になるので、30分かけようが1時間かけようが、計算上は一緒の消費カロリーとなります。

一般的な消費カロリーの計算ということで、覚えていただけると幸いです。

METs(メッツ)

メッツと聞いてピンとくる方は、少ないかも知れません。

メッツとは「Metabolic equivalents」の略で、運動強度の単位です。

細かく説明すると、安静時を1METsとした場合に、何倍のエネルギーを消費するかの指標となります。

厚生労働省が主となり情報提供しているので、厚生労働省のサイト内にて、メッツ表を見ることができます。

様々な運動でこのメッツを活用することができ、運動として認知されているものには、すでにメッツの表示がされています。

ジョギングのメッツ値は7.0とされているので、安静な状態から約7倍のエネルギーを消費しているということになります。

このメッツを使用した計算方法があるので、見ていきましょう。

METs(メッツ)値を使用した計算方法

基本的はには消費カロリーの計算方法は、体重と距離から算出できると書きましたが、メッツを使用することにより、時間からも計算することができます。

つまり、より詳細な消費カロリーを算出することができるのです。

メッツはエネルギーの消費指数ですので、消費エネルギーとしますが、エネルギーの消費 = カロリーの消費と考えて計算します。

計算式は、消費エネルギー = 1.05 × METs値 × 時間h × 体重kg で計算することができます。

たとえば、今回は5kmの距離を30分ジョギングしたときの消費カロリーなので・・・

体重を50kgと想定した場合、下記の結果になると思います。

1.05 × ( 7.0 × 0.5h ) × 50kg = 183.75kcal

※ジョギングのMETs値 = 7.0

※30分 = 0.5時間

単純に体重と距離から算出した消費カロリーだと、250kcalでした。

METs値を使用した計算で、ジョギング時間30分を考慮した計算を行うと、183.75kcalです。

見てわかるとおり、より詳細な結果が算出できました。

もちろん今回は、30分のジョギングで計算しましたが、1時間なら1.0、1時間30分なら1.5と数値を変えれば、ジョギングを行った時間により、どれだけのカロリーを消費したのかがわかります。

スポンサーリンク

番外編:1kg体重を減らすためには

本題とは関係ないですが、ダイエットを目的としてジョギングを行っている方は、興味がある項目ではあると思います。

消費カロリーを計算しても、実際効果が得られる数値はどのくらいなのか知っておくことは、目標設定にはとても必要なことです。

では、体重を1kg減らすためには、どのくらい消費カロリーが必要か見てみましょう。

体重1kgのカロリー

体重を減らすと言うことは、脂肪を燃焼させなければなりません。

つまり。脂肪1kgのカロリーを知る必要があります。

脂肪をカロリーに置き換えると、脂肪1kg = 7,200kcal です。

数値だけを見ると、とても多いように見えますね。

この脂肪1kgを1ヶ月かけて減らすとします。

7,200kcal ÷ 30日 = 240kcal/1日

上記の結果から、一日の消費カロリーとしては、240kcalを続けていれば、体重は1kgは減ると言うことになります。

もっと細かく言うと、消費カロリー - 摂取カロリー = 240kcal であれば、減らすことができますね。

もちろん摂取カロリーが消費カロリーを超えてしまっては、体重は増えてしまいます。

1日の摂取カロリーと消費カロリーのバランスを意識して、消費カロリーが240kcal以上であれば、少しずつ痩せることが、計算上可能と言うことになります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、5kmの距離を30分でジョギングした時の消費カロリーを計算しながら、見ていきました。

消費カロリーはあくまで計算上のものですが、日々の実績として記録しておくと、より達成感が生まれて、楽しくジョギングができると思います。

計算式上、体重も必要になるので、自分の体重をチェックすることができます。

健康的にも体重を小まめにチェックすることは、大切なことですので、消費カロリーの計算をしっかり行うことで、より健康を意識することもできます。

たかが消費カロリーの計算ですが、常に計算をすることで、ワンランク上のジョギングライフを行うことができるでしょう。

是非ジョギングを行う際には取り入れてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする