初心者は絶対身につけるべき!ジョギングの正しいフォームを解説!

ジョギングをするとき、きちんと腕を振って走っていますか?

猫背になって走っていませんか?

初心者のうちは、腕や脚をきちんと動かして走るのが恥ずかしかったりしますよね。

私もウォーキングでも恥ずかしいと思ったことがあったので、気持ちはよくわかります。

でも初心者のうちにこそ正しいフォームを身につけておかないと、自己流の変なクセがついてしまうんです。

後から修正しようとしても難しい場合があるので、正しいフォームはどんなものなのかを学んでおきましょう。

初心者のときから正しいフォームを身につけよう

ジョギングは全身を使う運動なので、正しいフォームで走らないと身体のどこかに負担がかかってしまい、関節や筋肉を痛める原因にもなります。

どこかを痛めてしまえば、ジョギングを楽しむどころじゃないですよね。

一度身についてしまったフォームを後から修正するのは、とても大変なことです。

初心者のうちから正しいフォームを身につけておくことが大切です。

悪いフォームのまま走ってしまうと、ジョギング効果が半減してしまうことも…。

痩せようと思って走っているのにエネルギーがあまり燃焼されず、全然痩せないなんてことになったら悲しいですよね。

フォームが悪いと疲れの原因にもなり、長距離走るのが難しくなるかもしれません。

初心者のうちから、きちんと正しいフォームを身に付けてくださいね!

正しいジョギングフォームを解説!

気を付けるポイントを、上半身と下半身に分けて解説していきます。

上半身のポイント

・視線は5~10mほど先を見る

・アゴを引く

・両腕は直角に曲げて大きく振る。腕を引いたときに左右に流れないように真後ろに引く

・背筋を伸ばす

・肩の力をぬく

この中で特に大事なのは、背筋を伸ばすことです。

背筋を伸ばすといっても背をそらしすぎることがないように、自然な姿勢を心がけましょう。

そして肩に力が入りすぎないように、リラックスして走りましょう。

上半身にはとにかく無駄な力が入らないように、自然にリラックスして走ることです。

下半身のポイント

・脚を前に出すときはおへそを意識しつつ骨盤から前に出す

・足はかかとから着地する

・ガニ股や内股にならないように、足先をまっすぐ前に出す

・歩幅を広げすぎない

下半身では大事なのは、かかとから着地することと歩幅を広げすぎないことです。

かかとに力が入ってドスンとなってしまわないように、軽く自然に着地しましょう。

早く走ろうとして無理に歩幅を広げると、疲れが出てしまいバテる原因になります。

上半身と同じく、自然でリズミカルな走りを心がけましょう。

スポンサーリンク

やってしまいがちな間違ったフォームとは

正しいフォームになるように常に気を付けていれば大丈夫ですが、初心者がなりがちな間違ったフォームを覚えておきましょう。

正しいフォームから崩れたとき、すぐに気づいて修正することができるようになります。

こちらが初心者がなりがちな、間違えたフォームです。

・猫背になって肩が前に入る

・下を向いて走る

・アゴが出ている。

・足の裏全体でベタベタと走る

特に気をつけたいのが、猫背になることです。

猫背になると胸や肺が圧迫されて呼吸が浅くなり、すぐに疲れて長く走れなくなります。

身体への負担も大きくなるため、腰や膝のケガにつながってしまうことも。

疲れるとアゴが出てしまうことも多いので、ここも気をつけるポイントです。

見た目が格好悪いだけでなく、腰へ負担がかかってしまいます。

自分のフォームがきちんとしているか、機会があれば客観的にチェックしてみましょう。

街中であればショーウィンドウに映った姿を見る、マラソン上級者に見てもらうなどもいいでしょう。

親しい人にスマートフォンで動画を撮影してもらい、チェックするという方法もあります。

自分が猫背になったりアゴが出たりしていないか、時々チェックすることが大事です。

最初はウォーキングでフォームを身につける方法も

走っているうちにすぐにフォームが崩れてしまうという人は、ウォーキングで正しいフォームを身に付けてからジョギングに移行する方法もあります。

運動経験がない人や走るための筋力不足している人にもオススメの方法です。

ウォーキングもジョギングも基本的なフォームは同じです。

走るよりも歩くほうがフォームに意識を向けやすいため、正しいフォームを身につけやすいのです。

身体が正しいフォームに慣れてきたあとで、徐々にスピードを上げていきましょう。

歩きながらだんだんと前傾姿勢をとっていけば、ウォーキングからジョギングにスムーズに移行することができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

初心者のうちから正しいフォームを身につけるのは、ジョギングを楽しんで継続すること、怪我せず走ることという観点からも、とても大事なことです。

ジョギングが面白くなってきて、ランニングやフルマラソンに挑戦したくなる時がくるかもしれません。

そのときに正しいフォームで走っていれば、完走や記録更新にも役立ちますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする